2007.06.26

ネガとポジ

さて出ました、Plastic Treeメジャーデビュー10周年(一時期インディーに戻ってたりもしたけど…)記念となる最新アルバム「ネガとポジ」。
ネガとポジ(初回限定盤)(DVD付) ネガとポジ(初回限定盤)(DVD付)
Plastic Tree (2007/06/27)
ユニバーサルJ

この商品の詳細を見る

前作「シャンデリア」は、個人的に曲的にも音質的にも散漫な感じがしてイマイチだったんですが、今回はなかなかにいいぞ。

プラ伝統のUK的サウンド、Jエモ系ギターロックサウンド、どメタル(笑)と曲調は様々ですが、全体に漂う独特の翳りのある雰囲気と竜太郎のボーカルが唯一無二のプラワールドを作り出してます。まあそれは割といつものことではありますが、今回は全体的にマイナー調の曲が多めなせいかアルバム全体に統一感があり、最初から最後までブレずに彼らの世界観を味わうことができます。
プロデューサーには今回、明石昌夫が参加しています。個人的に、プロデューサーとしての明石昌夫にはあまりいい印象がなく、過剰にシンセなどを加えた結果妙にポップな仕上がりになり、バンドが本来持つロック感を殺してしまう結果となったのが彼のプロデュースしたSIAM SHADE「SIAM SHADE IV.zero」やLa'cryma Christi「&U」だったりしたんではないかと思ったりしていたわけですが、この「ネガとポジ」ではそういう悪い意味での「明石臭」は皆無。むしろ、プラ持ち前の重厚な弦楽器のアンサンブルを、重みのあるサウンドプロダクションでもって存分に引き立てており、実に好感触。やるな。

曲のクオリティは全曲平均以上。その分キラーチューンに欠けるかな?という印象もありますが、聴けば聴くほどに味が出る、いわゆる「スルメ盤」に仕上がっていると感じました。
キャッチコピーにあった「最高傑作」かどうかは分かりませんが、全体に漂う貫禄は正しく彼らの十数年に渡るキャリアの「集大成」。しばらくはこいつで楽しめそうです。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/90-6485b2d9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
もしかしたら自分にとってスルメ盤以上のモノになるかもしれません。
Posted by 三天寺 at 2007.06.27 02:39 | 編集
お、初めましての方ですね。いらっしゃいませ~
Mixiにもそれっぽい足跡がないし、どうやってここにたどり着いたんだろうと思ったら、適当に検索かけたら出てきましたね。うちも結構メジャーになったもんだ…
いいですよね今回。そちらのblogの方も拝見させていただきましたが、なかなか熱く語られていて、こんな駄文を書いてる自分なりに刺激になりました。
これからもよろしくお願いします~
Posted by なおき at 2007.06.27 18:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する